今日はマジシャンのCyril(セロ)さんのマジックショーを見てきました!

ショーは2014/12/24~28に行われたものです。私は27日に観賞しました。

 

今日は、「マジック新世紀 セロ IMAGINATION WORLD TOUR」というセロさんのショーを見に行きました!

大変面白かったです。有意義な時間を過ごせました。

 

というわけで、今回は日記です。

マジックショーでどんなネタが披露されたか少しだけ紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

セロさんは、私が最も影響を受けたマジシャンの一人

さて、マジックショーの話の前に、少しだけ私の身の上話をします。

 

私がマジックに興味を持ったのは小学生の頃。

高学年になった頃、マジックブームが起こっていてテレビでも頻繁にマジック番組が放送していました。

 

セロさんの番組「マジック革命!セロ!!」や「スーパーテレビ特別版」「ザ!世界仰天ニュース」で出演された前田知洋さんのマジックに魅了されドハマリすることに。

デパートなどに行っても、玩具やゲームではなくマジックグッズを買っていました。

 

影響は今でも受けていて、マジックをする際に参考にしています。

 

尊敬する方でしたので、セロさんの公演は前々から行こうとは思っていました。

しかし、都合が全然合わなくて今まで見に行く機会がありませんでした…

 

そして今回、偶然用事もなく、お金にも余裕があったので行くことにしました。

今年で一番嬉しい出来事だったかもしれません。

 

マジックショーの開催地は東京国際フォーラム!

漸く行けたので、身の上話ばかりでなくショーについても少し書こうと思います。

今回のマジックショーの会場は、東京国際フォーラムのCホール。

 

会場には、こんなオブジェクト(ポスター)もありました。↓

 

イケメンにのみ許された感じ。わかります?(笑)

 

グッズ販売もしていました。

Tシャツやボールペン、プリザーブドフラワーの販売。

完全受注生産のキーホルダーの予約受付なんていうのもありましたね。

何も買わないのはどうかと思い、記念にステッカーセットを購入しました。(冒頭の写真)

 

マジックをやる身としては、セロさん独自のデザイントランプとか売ってると良かったかなと思います。

あるいは、セロさん監修の簡単マジックセットなんていうのがあれば、結構売れたのではないでしょうか?

 

当たり前ですが、ショーは撮影禁止でした…

ショー自体は撮影禁止でしたが、開始前の舞台だけ撮らせてもらいました。

スタッフの皆さん、ごめんなさい。

演技は、録画・録音してないので許してください…

 

今回のショーは、たっぷり2時間(休憩込み)ありました。

 

ショーはセロさん自身の出現(登場)から始まり、大きなクリスマスツリーを出現させてロマンチックな雰囲気で幕を閉じました。

 

ここで、印象に残ったものを少しだけ紹介。

※マジックのトリックは解説しませんので、あしからず。

 

電卓マジック

登場後一番初めに演じたマジックだったので、印象に残ったのかも?

1人お客さんに手伝ってもらい、その方のiPhoneの電卓機能を使ったマジック。

お客さんが担当。

 

まず、セロさんとその方の誕生日の数字を掛け算。

さらに、もう2人別の人に好きな数字4桁を適当に言ってもらい、それも掛け算。

 

セロ誕生日×スマホの持ち主の誕生日×適当に答えた4桁の数字①×4桁②

これの計算の答えが「2712141116」となりました。

ただの数字の羅列と思えますが、ちょうどそのマジックをしている日時を示しているというものでした。

14年12月27日11:16
※イギリス式の表記では日付は日/月/年の順で記載します。27/12/14

 

これはとある機能をごにょごにょするとできるマジックですね。

 

ポスターメニューからハンバーガーやコーラが出現

セロさんと言えばこれを思い浮かべる人も多いと思います。

今でも、初めてテレビでこれを見た時の事を覚えています。

 

今では簡易版がマジックショップで売られていますが、思い出のマジックとも言えるので生で見れて良かったです。

 

お客の選んだトランプが水槽の中に貫通、さらにガラスに腕を貫通させ取り出すマジック

カ○ド・○ルー・ウ○ン○ウ+αといった感じのマジック。

これもテレビでセロさんがよくやっているマジックですね。

 

このマジックの際に、手伝いに選ばれた男女2名の反応が印象に残っています。

女性は、このマジックを見るのが初めてとのことで、反応がとても初々しかったです。

もう一人の男性は、トランプも混ぜるのも一苦労という感じで、トランプに慣れていないようでした。

ここまでは、誰でも当てはまりそうですが、印象に残ったのは恐らくその後の出来事。

 

男性がトランプを広げて女性がその中から1枚選ぶことになったのですが、トランプの広げ方が悪く、絵柄(数字とマーク)が見えない状態になってしまっていました。

女性が戸惑っていたのはもちろんですが、セロさんも苦笑いしてました…

 

普通のトランプは2つの角に数字とマークが書いてあるので、広げ方が悪いと何も書かれていない真っ白な状態になってしまいます。

↓こんな感じ

 

人にトランプを広げて見せる機会がありましたら、注意してみてください。

指摘されると、恥ずかしいですしね…

 

観客全員参加のマジック

事前に配られた、絵柄の異なるハートが描かれた4枚のカードを使ったマジック。

 

4枚のカードを半分に破り、それらを重ねて混ぜ合わせる。

そして、その中から1枚だけ選んで別にしておく。

その後、隣の人と残りのカードを交換したりして、さらに混ぜる。

色々していくうちに残った1枚が、別にしてあった絵柄と一致するというもの。

 

所謂、セルフワーキング(テクニックいらずで、手順通りすると成功する)トリックです。

ハートの欠片が合わさるという、女性向きなマジックでした。

 

他にも、イリュージョンの定番である「脱出」や「人体切断」等々

なかなかに濃密な2時間でした。とても楽しかったです。

 

私はクロースアップマジック(テーブルマジック)やサロンマジックばかりで、ステージマジックは学生の頃に奇術部(マジック部)で少しやった程度で今は全然やりません。

人の演技を見ていると、やりたくなってきますね。

 

 

今回はここまでです!

ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました