新宿のタカノフルーツバーに行った話。個人的にはフルーツパーラーのパフェや持ち帰りのケーキの方が好き。

皆様は高野のフルーツは食されたことはございますでしょうか?

私は、偶のちょっとした贅沢としてタカノフルーツパーラーを利用しています。

 

その高野には男性のみでは利用できないお店が存在します。

それが、新宿にある「タカノフルーツバー」。

今回は、付き添いでその「タカノフルーツバー」に行ってきたので記事にします。

今は17時以降なら男性のみでも入れるようになっています。

トライベックスの記事などでも触れていますが、私は甘い物が大好きです。

そんな甘党男視点の感想を書きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

フルーツバーはやはり女性向け

タカノフルーツバーでケーキなどを食べてきた感想としては、「女性向きのお店だな」ということ。

元々レディースバイキングと銘打っている女性がメインターゲットのお店なので、当然ですけれど(笑)

 

フルーツバーは、バイキング形式で自分の好きな物を取り分ける形式となっています。

カットフルーツやフルーツサンドウィッチ、ケーキ、アイスなど甘い物を中心として、ピザやオムレツといった食事も楽しめます。

※2020年現在は、例のウイルス対策でセルフサービスではなく、スタッフさんが取り分ける形態になっています。

 

今回はケーキやフルーツ類が目当てに行ったため、普通の食事は軽めにしました。

オムレツが人気なようで並んでいましたが、それも食べていません。

 

ケーキやフルーツなどは一つ一つが小さめに作られているため、少しずつ色んな種類のスイーツを楽しめます。

女性にとっては嬉しいポイントなのではないでしょうか?

もちろん、そのどれもなかなか美味しいです。

写真にはありませんが、フルーツ系が一番美味しいと感じました。

果物専門店ですから当然ですが(笑)

 

ただ、私としては…

フルーツパーラーのパフェや持ち帰りのケーキの方が満足感があった。

確かにフルーツバーのスイーツはどれも美味しいのですが、もの凄く魅力を感じるという程の味とは思えませんでした。

良く言えば無難な感じ。

悪く言うと、一つ一つの満足感が足りない。

恐らく、これはスイーツのサイズとバイキングという形式のせいかではないかと思われます。

小さいサイズという時点で創意工夫が難しいですし、バイキングだと沢山おかわりする人もいるために採算が取れるように原価も抑えてあるのではないでしょうか。

 

満足感を抜きにしても、フルーツパーラーの定番「フルーツパフェ」などの方がもう一度食べたいと思える味です。

公式サイトより転載

ケーキも、フルーツパーラーの持ち帰り商品である「フルーツロワイヤル」などの方が圧倒的に美味しいです。

まあ、それらは一つ当たりの値段がお高めですが…

 

もちろんフルーツバーのスイーツも美味しくないというわけではないですから、ご自身の好みの食べ方でどちらを利用するか決めるのが良いでしょう。

一つのもので満足感を得るか、沢山の種類を味わいたいのか…

ご家族での利用や女子会といった、わいわいと楽しむのに適していそうです。

小さいケーキを分け合って、全種類制覇なんていうのも面白いかもしれませんね。

 

ついでに、フルーツパーラーの持ち帰りスイーツを少し紹介

フルーツバーは初めてでしたが、私はフルーツパーラーの方はよく利用しています。

新宿のメトロ食堂街にある「タカノフルーツパーラー地下鉄ビル店」が行きつけで、ちょくちょく「フルーツパフェ」を食べたり、各種ケーキを買って帰ったりしていました。

公式サイトより転載

残念ながら、2020/9/30にメトロ食堂街の閉館に伴って閉店となってしまいました…
今までありがとう!

 

タカノの話題ということで、ついでに今まで買った持ち帰り商品を少しだけ紹介したいと思います。

記事を分ける必要もないでしょうし。

 

まず、私の一押し商品「フルーツロワイヤル」。

簡単に表すと、旬のフルーツが数種類乗ったロールケーキといった感じです。

この時は、イチゴ、メロン、オレンジ、巨峰、キウイ、梨などが乗っていました。

季節などによって乗せるフルーツが若干変わることもあります。

土台はホイップクリームを巻いたロールケーキ。

クリームも上品な程好い甘さで、ロールケーキの周囲にあしらわれているアーモンドクランチが香ばしさを与えてくれます。

それがフルーツの味を良い具合に引き立たせています。

食感もフワフワからサクサクまで楽しめます。

 

二つ目は、私の母が好きな「マンゴーフロマージュ」。

名前の通りですが、ベースはフロマージュケーキ。

フロマージュはフランス語で「チーズ」を意味する言葉です。

つまり、チーズケーキということですね。

食感はババロアに近いような感じで、フワフワしつつもしっとりしていてGood!

上の層にはカットされたマンゴーとマンゴーゼリーが乗っています。

マンゴーがふんだんに使われていることもあり、マンゴーの濃厚な味わいを楽しめます。

濃厚と言っても、しつこさや嫌な後味などはなくさっぱりした感じなので飽きずに食べられます。

 

次は「マンゴーロゼ」。

これは期間限定物です。

家族のために買った商品で、私は食べてないので感想は書けません。

見た目が非常に可愛らしく、なんだか食べるのがもったいない感じがしますね。

 

 

というわけで、高野のスイーツを堪能した話でした。

 

フルーツバーにしろフルーツパーラーにしろ、やはりタカノのフルーツはとても美味しいです。

瑞瑞しいフルーツを食べられて、私は大満足です!

子供の頃はタカノの店舗でデザートを食べる時にチョコレートパフェとか頼んでましたが、今では考えられません。

果物専門店ですからね。

やっぱりフルーツを頂かないと。

 

フルーツバーとフルーツパーラーのどちら共、非常に美味しいフルーツを味わえるので、是非一度高野を訪れてみてください。

 

余談

フルーツというと千疋屋も有名ですが、高野よりもさらにお値段が上がるということもあり、そちらはあまり利用しないですね。

気軽に利用したいとは思うのですが、厳しいです(笑)

 

それと、実は私、スイーツを食べに行くのに少し抵抗があります。

持ち帰りで買ってくるのは良いのですが、お店に食べには行きづらいですね。

一人では特にそうです。

男ですし…

スイーツ男子なんて言葉がありますが、イケメンといかないまでも、それなりの見た目の人が行くから映えるんです。

私みたいな男が行っても、なんというか微妙なわけですよ。

と言いつつ、甘い物食べたさに行くんですけどね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました